さくらんぼ計算とは?算数につまずかないための正しい教え方を徹底解説!

さくらんぼ計算 学習障害

「繰り上がりの足し算」や「繰り下がりの引き算」で使われる、さくらんぼ計算。

  • さくらんぼ計算って何?
  • やり方がよく分からない
という思うママも多いのではないでしょうか?
それもそのはず。
実は、さくらんぼ計算という言葉は、現在20~30代のママが小学生の時には、使われていなかった言葉だからです。

とはいえ、ママたちも繰り上がりの足し算繰り下がりの引き算をする時には無意識のうちに、さくらんぼ計算をしているのです。

無意識にできてしまうからこそ「教える」ということが難しいさくらんぼ計算

でも、さくらんぼ計算は「数の分解」や「数の合成」といった基本をしっかり理解するためにとても重要な学習です。

  • さくらんぼ計算なんて使う必要ある?
  • 分かりにくくて、余計に混乱する…

という方のために、今回はさくらんぼ計算の重要性とやり方について分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

さくらんぼ計算:合わせて「10」になる数の組み合わせ

さくらんぼ計算ができるようになるためには、まず、10までの数の「分解」と「合成」がスムーズにできている必要があります。

この基礎を飛ばして、さくらんぼ計算の勉強を始めてはいけません。

お子さんは、下のような問題をスラスラ解けますか?

↓ まず最初に確認 ↓

いくつといくつで10になる?カード

この計算が、ササッっとできるお子さんは、合わせて10になる組み合わせをしっかり理解しています。次の章へスキップしてくださいね。

次の章へスキップ

もし、スムーズにできない子どもの場合は、さくらんぼ計算を勉強する前にまず、合わせて「10」になる数字の組み合わせを覚えましょう。

この数字の組み合わせを暗記していることが、さくらんぼ計算においては必須です。

ただし、組み合わせの数字を丸暗記しているだけでは、上のカードの穴埋め問題がスラスラ解けるようにはなりません。

では、どのよう勉強すればいいのか説明します。

数字だけでスムーズに解けない子どもの場合は必ず、数図ブロックなど「具体物」を使いましょう。

例題:1 + □ =10 

一番基本の問題で説明しますね。

この式の場合、はじめに下図のように赤のブロックを枠の中に1つ入れておきます。

その後、空っぽの枠の中に青のブロックを一つずつ子どもに入れさせながら数を数えます。

※なぜバナナの絵?という疑問については、のちほど…。今は特に気にしないでくださいね。もちろん、バナナの絵はなくても大丈夫です。

全部入れ終わったら

1はあといくつで10になったかな?

と、必ず子どもに言わせましょう。

他の計算も同様の方法で行い、まずは具体物を使って、しっかりと定着させます。

慣れるまでは、赤ブロックと青ブロックを入れた状態で

1と9で10
2と8で10
3と7で10…

と、丁寧に確認します。

慣れてきたら、下の図のように青ブロックを入れなくてもスラスラと言えるまで練習しましょう。

合わせて10までの数の場合、指を使ってもできますが、指を使ってしまうと、いつまでも指を折って数えようとします。

最初のうちは自分の指を使ってもいいですが、徐々にイメージだけで、できるようにしましょう。

かずのブロック ☆くり上がり・くり下がりの計算が理解しやすい☆

価格:642円

※数図ブロックは学校に置きっぱなしのことが多いですが、算数が苦手な子どもの場合は、家庭用にも最低1セットは常備しておいた方がいいですね。2年生のかけ算や3年生のわり算でも使います。

さくらんぼ計算:くり上がりの足し算

では最初に「繰り上がりの足し算」を計算するときに、どのようにさくらんぼ計算をするのか、具体的に説明していきます。

例えば、8+5= 

このように、10をこえる足し算のことを「繰り上がりの足し算」といいます。

さくさんぼ計算ではまず、上図のように「5」をに分けて計算します。これを数の分解といいます。この分解が正しくスムーズにできることが、さくらんぼ計算ではとっても重要です。

この分解がスムーズにできるためには、合わせて10になる数の組み合わせがしっかり定着していないといけません。

また、学校では下図のように「10」を「バナナ」であらわすことが多いようです。バナナの代わりにピーナッツを使う先生もいます。

バナナ(10)と、さくらんぼの片方(3)で「13」となります。

また、お気づきの方もいると思いますが、8+5の計算をする時に、下図のように「8」をさくらんぼ(3と5)に分けて計算することもできます。

「5」をさくらんぼにしても、「8」をさくらんぼにしても、どちらでも計算はできます。
 
が!
 
小さい方の数のをさくらんぼにする方が簡単で計算も早くなります。
 
繰り上がりの足し算は「小さいほうの数」をさくらんぼにする!というのが基本です。

また、さくらんぼとバナナを使ってもイメージが持てないようであれば、次のように具体物である数図ブロックを使って、さくらんぼバナナを完成させましょう。

一応、8をさくらんぼにした場合の図も…

このように、くり上がりの足し算の場合は、あといくつでバナナの「10」を作ることができるのか?ということを確認しながら練習することが大切です。

少し慣れてきたら具体物を使わず、下図のように自分で「さくらんぼ」と「バナナ」を線で囲めるようにしましょう。

最終的には、さくらんぼバナナも書かずに計算できるようになるのが目標です。

 

公式サイト
無料で資料請求/

発達障害やグレーゾーンの子どもに適した教材【天神】

さくらんぼ計算:くり下がりのひき算

では次に、くり下がりのひき算での「さくらんぼ計算」について説明します。

繰り上がりの足し算ではスムーズだったのに、繰り下がりの引き算が入った途端

あれ?できない…

ということが、起こります。

繰り上がりの足し算に比べると、確かにややこしいですよね。

ただ、今後の「筆算」をするうえでも、繰り下がりの引き算でさくらんぼ計算ができることは、とても重要です!

保護者の方もしっかり理解しましょう。

 

くり下がりのひき算とは、14-8= のように

一の位から引くことができないひき算のことです。

では、14-8を実際に「さくらんぼ計算」で計算していきます。まず下図をご覧ください。

初めての方は、分かりにくいと感じるかと思いますが

これが、筆算で計算する時に必要な過程なのです

ひき算では、10-□=の計算が、スムーズにできることが前提

まずは、簡単な「10からひく」という作業を行います。

上の例の場合、10ー8をして、2と4を合わせます。

 

どうしても分かりにくい子どもの場合は、14をさくらんぼにする時に「10と4」ではなく、 下図のように「4と10」にする方が視覚的に分かりやすいこともあります。

この方法は、ブロックを使う時に「4」と「2」を合わせやすいため、子どもに分かりやすいのです。

足し算の時と同様に、くり下がりのひき算に慣れていないうちは、必ず具体物を使ってゆっくり丁寧に行ってくださいね。

上で説明した方法は、いずれも 子どもにとって簡単な数字

  • 「10」から「ひいて」、残りを「たす」

という方法になります。

この方法は、具体物があると確かに分かりやすいのですが、数字だけで計算するようになると、最後の「たす」で混乱してしまう子どもがいます。

この作業がイメージできないまま、計算問題を単に機械的にやるようになってしまうと、時間がたってから

何で最後に足すんだっけ?
と、やり方を忘れてしまう子どもがいるので、しっかり定着しておきましょう。
  • 繰り上がりの足し算 ⇒ 小さい数をさくらんぼにする
  • 繰り下がりの引き算 ⇒ 大きい数をさくらんぼにする

 

まとめ

さくらんぼ計算のやり方についてお分かりいただけましたでしょうか。

さくらんぼ計算という言葉こそ使っていなかったママ世代ですが、考え方としては皆、小学校の時に習っているんですね。

ほとんどの方は昔のことすぎて、どうやって教えてもらっていたか、いつの間にか当たり前にできるようになっていたので、忘れてしまっているだけと言えます。

大人にとっては、まどろっこしい…と感じてしまう「さくらんぼ計算」ですが、しっかりと教えてあげれば、子どもにとってはとても分かりやすい計算方法です。

「何でこんな面倒くさいやり方するの?」

と抵抗するのではなく、楽しみながらさくらんぼ計算に取り組んでいただけならな、と思います。

さくらんぼやバナナの絵を描いてあげるだけで、子どもはいっきにやる気が増しますよ♪

公式サイト
無料で資料請求/

↑  ↑  ↑
発達障害やグレーゾーンの子どもに適した教材をお探しなら!【天神】
「できない」をスモールステップで「できる」に変える天神教材。値段はちょっと高いですが、内容はすごく充実しています。資料請求は無料なので、ぜひ詳細を確認してみてくださいね。

おわりに

小学校入学前の子どもや低学年の子どもの場合、生活の中でママがちょっと心がけるだけで「学習」になるんですね。

小さい時は、10数えてからお風呂から上がるという方も多かったと思いますが、そのようなちょっとした生活経験で、子どもは自然に「数」を覚えることができます。

お風呂の中で、子どもの手のひらを広げて

つんつん さわりながら…

1と9で10、2と8で10…。

こんなやりとりでも、さくらんぼ計算の基礎になります。

特に低学年のうちは、少し予習を兼ねて、普段の生活の中で心がけると、いつの間にか子どもに基礎的な力が身についている、ということが多くあります。

そんな、ちょっとした親子のコミュニケーションこそ、子どもにとって大切な時間なんですよね。

実は、そんな時間は子どもの人生にとって、ほんのちょっとの間だけです。

特別なことをする必要はありません。

子どもとの関わりを楽しむことで、自然と子どもの中に「基礎力」が育まれるのかなぁと思います。

今回は、小学校の算数の基礎の基礎である「さくらんぼ計算」について説明しましたが、お金や、時間(時計)、形(図形)の学習など、日常生活の中に算数概念を培う機会は本当に多くあります。

いっしょにお店屋さんごっこをしたり、レゴブロックでお城を作ったり…。

ぜひ、今しかない子どもとの時間を楽しみながら、算数の基礎を生活の中に取り入れていって欲しいなぁと思います。

ひまわり