だいじょうぶだよ

発達障害グレーゾーンの子供たちへ

お風呂学習で基礎力アップまちがいなし!効率的に学習する方法とは?

一日の疲れを癒してくれる入浴タイム。今日あったできごとを話したり、歌ったり…

パパやママにとって、親子のコミュニケーションを楽しむ大切なひと時ですよね。

お風呂の時間は最高に幸せな時間。そして、一番リラックスできる時間です。

じつは、このリラックスタイム。子どもにとって、学習するにはいちばん効果的な時間といえます。

え?お風呂で勉強?

思わず引いてしまうママもいるかもしれませんね。

いえいえ。そんなに大げさなことではありません。毎日入るお風呂だからこそ、簡単に続けられ、ちょっとした親の心がけで、子どもの基礎力が「ぐん」と UPするのです。

お風呂学習。

一体どうすれば、効率的に学習できるのでしょうか?

今回は、「お風呂学習」のメリットと、お風呂学習に必要な親の心がけについてお話します。

お風呂学習って何?

お風呂学習とは、言葉のとおり「お風呂での学習」のこと。

学習というと何だか かた苦しい感じがしますが、お風呂での学習は、学校での勉強や宿題とはちょっと違います

例えば、今日あったできごとを子どもが話す。または、パパやママが話す。

そんな子どもとの何気ない会話も、パパやママが「いつ、どこで、誰と、何をしたか?どんなことを思ったか?」少し意識しながら、話したり聞いたりすることで、じゅうぶん「学習」になります。

また、しりとりをしたり、数を数えたり。

お風呂場の壁にひらがなやアルファベットのお風呂学習ポスターを貼ったことがあるというママやパパも多いのではないでしょうか?

それだって、続けることができれば、じゅうぶんにお風呂学習となるのです。

楽しい入浴タイムが「学習の場」になる。

けっして、大げさなものではないですよね?

お風呂学習、3つのメリットとは?

上の説明で、我が家では当たり前にしているわ。と思った方もいるかもしれませんが、どんなメリットがあるのか、考えたことはあるでしょうか?

実はお風呂学習には多くのメリットがあります。

その中でも特に大切なメリット3つについてご説明します。

お風呂学習のメリット①楽しく学習できる

お風呂学習のメリットの一つ。それは、何といっても「勉強している」と、子どもに悟られずに勉強ができるということです。

学習の定着を妨げる要因は、「させられている感」を子供に与えてしまうことです。お風呂タイムは、まさにその逆。

パパやママ、もしくはきょうだい達と一緒に「遊んでいる感覚」で自然に学習できているんですね。

お風呂学習のメリット②新しい記憶の定着

お風呂学習のもう一つのメリットは、机に向かう学習に比べ、格段に記憶が残りやすいということです。

人はリラックスしている時、楽しい時、脳が活発にはたらきます。特にリラックスしている状態の脳は、「新しい記憶」を残しやすいのです。

つまり、お風呂学習では「新しいこと」や、子どもが「知らないこと」など、まだ学校で習っていないことにも難なく取り組みやすいというメリットがあるのです。

事前に知識があれば、学校の学習もとてもスムーズになります。

お風呂学習のメリット③学習の習慣化

お風呂学習の最大のメリットといってもいいかもしれません。入浴は、食事や歯磨きといった、日常生活の一つ。そのため、習慣化しやすいのです。

学習の定着には「習慣化による積み重ね」がとても大切。

机に向かって勉強するのを習慣化させることよりも、お風呂学習を習慣化させる方がずっと簡単です。そして何より、親だって楽しい♪

1日15分の入浴タイム。1週間では105分になります。そして、一年にしたら、なんと!90時間を超える計算になります。

まさに、ちりも積もれば山となる…ですね。

年間90時間のお風呂学習時間をぜひ有効活用したいですね。

おすすめのお風呂学習ポスター&有効活用法

お風呂学習で最もおすすめなのは、やはり「お風呂学習ポスター」。

100均にも売っているので、一度はポスターを貼ったことがあるという人も多いですよね。

このお風呂学習ポスター。じつは、先取り学習や基礎力アップにとても効果的なんです。

しかも、定番のひらがなやカタカナなど、幼い子どもだけが使うようなものだけではなく、さまざまな年齢を対象とした、たくさんの種類のポスターが売られています。

中学生や高校生向けのポスターまで販売されているんですよ。

小学生におすすめのお風呂学習ポスター①漢字

出典元:rakuten

では、小学生におすすめのお風呂学習ポスターとはなんでしょう?

おすすめ第一位は、やはり「漢字一覧表

例えば子どもが一年生ならば、一年生や二年生(漢字に苦手意識がない子であれば、三年生ぐらいまで)の漢字一覧表を貼っておくのがおすすめです。

逆に、苦手意識のある子どもの場合は、一覧表を全部貼ってしまうよりも、ハサミで切って少なめにしてもいいですね。

学校で習ってない漢字が含まれても、もちろんOK!

むしろ「習っていない漢字」の方がいいですね。

漢字の学習では、漢字が書けるようになる前に、まず「漢字が読める」ということが大前提となります。読めない漢字は書けません。

そのため、漢字の学習で「読める」というのは、とても大切なんです。

そして、「読み」というのは、ちょっと難しい漢字であっても、比較的ハードルが低く、取り組みやすい学習といえます。

もちろん、貼りっぱなしではいけません。ただ貼っているだけでは、お風呂の壁でしかないですからね。

ときどき貼る場所を変えたり、学年を変えたり、工夫する必要があります。

また、学習の仕方も少し工夫が必要です。

わが家では、習った漢字を水鉄砲で当てるゲームをしたり、習ってない漢字を背中に書いて当てっこゲームをしたり、同じ「へん」の漢字見つけゲームをしたり…

ちょっとした親の心がけで楽しく漢字の「読み」の学習ができます。

お風呂学習ポスター (漢字二年生・全160字) 知育教材

価格:1,480円

小学生におすすめのお風呂学習ポスター②四字熟語・ことわざ

出典元:rakuten

耳からの情報に強い低学年では特におすすめです。小さい子は吸収力がすごいですからね。

意味まで覚えられればベストですが、覚えなければならない必要はとくにありません。ことわざや四字熟語は「聞いたことがある」「知っている」と思うことが、子供にとっては重要

わざと早口で言ってみたり、動物が出てくることわざは?数が出てくることわざは?と探してみたり、様々な遊び方ができます。

これは大人にとっても良い勉強になりますよ。

KUMON おふろでものしりはかせ 四字熟語+ことわざ くもん出版

価格:700円

小学生におすすめのお風呂学習ポスター③日本地図

出典元:rakuten

小学生になったら、47都道府県にも触れておきたいですね。

今はとても良いお風呂学習ポスターが売られていて、お湯をかけると黒塗りしていた部分が消えて文字が浮き出てくるものがあります。

もちろん我が家では水鉄砲作戦です♪

その地方の特産品などもついでに覚えられるので、一石二鳥。

楽しく社会の基礎知識が身に付きます。

こたえがでてくる!おふろでスタディ 日本地図【6歳頃から】

価格:938円

おわりに

お風呂学習は、思っている以上に子どもの基礎力をアップします。

お風呂場は「最高の学び空間」なんですね。

そして何より、お風呂学習は親子で楽しく学習ができる「幸せな時間♪」

あっという間に大人になってしまう子ども。

一緒にお風呂でコミュニケーションがとれるのも、数年間です。

「食事時間」や「お風呂時間」に楽しい時間を過ごすことは、子どもの成長や親子関係に大きな影響があるといわれています。

また、幼少時期に食事や入浴で楽しい時間を過ごせた人は、一生涯にわたってその記憶が潜在的に残るともいわれています。

一生の宝になるんです。

ぜひ、入浴の時間を大切に!そして有効に使ってくださいね。


ひまわり